2021年10月10日(日)


日本映画が好き 2021 35mmフィルム上映 2021年度優秀映画鑑賞推進事業国立映画アーカイブ

世界の映画史に大書される巨匠の小津安二郎監督が親と子の関係を静かに見つめた、戦後の代表作を上映

10:15~『秋刀魚さんまの味』~小津安二郎監督の遺作~ 料金:500円

秋刀魚の味

1962年/カラー/スタンダード/113分
監督・脚本:小津安二郎

出演:岩下志麻 笠智衆 佐田啓二 岡田茉莉子 三上真一郎 中村伸郎 ほか

この作品の構想を練っていた1962年2月、生涯独身であった小津は生活を共にしていた最愛の母を失った。その数日前、小津は映画人で初めての芸術院会員となり、喜びを分かち合ったばかりであった。戦後、小津の復活を知らしめた『晩春』(1949、笠智衆・原節子主演)以来、初老の父と独身の娘の関係がこの作品でも踏襲されている。身の周りの世話を娘に頼り、娘の行く末を考えもせずにいた父が、旧制中学時代の恩師と中年の娘がしがないラーメン屋を営んでいる光景を目にし、人生の孤独を感じつつ娘を嫁がせるのだった。恩師の娘を演じた杉村春子は、演技指導の厳しかった小津ですら何も注文をつけなかったといわれているが、無言の立ち居振る舞いはこの作品のテーマを見事に表現している。これまでになく人生の無惨さを描いたこの作品の翌年、小津は端正な作風そのままに、還暦を迎えた12月12日、亡き母のもとへ旅立った。「キネマ旬報」ベストテン第8位。

主催:水戸市優秀映画鑑賞推進事業実行委員会/公益財団法人 水戸市芸術振興財団/国立映画アーカイブ
特別協力:文化庁/(社)日本映画製作者連盟/全国興行生活衛生同業組合連合会

日本映画が好き2021の詳細

C プログラム:13:30~1,500円
『典座ーTENZOー』

信仰を失ってしまったわたしたち──今こそ問う、仏教とは? 信仰とは?

Dancing Films

2019年/日本/62分
監督:富田克也 脚本:相澤虎之助/富田克也
出演:河口智賢 近藤真弘 倉島隆行 青山俊董 ほか

本山での修行を終え、それぞれ福島、山梨の寺へ戻った兄弟子の隆行(リュウギョウ)と弟弟子の智賢(チケン)。重度の食物アレルギーを抱える息子を持ち、自分なりに今の時代にあった仏教を模索している智賢と、津波で全てを失い、瓦礫撤去の作業員として、ひとり仮設住宅に住まいながら本堂再建を諦めきれずにいる隆行。二人の若き僧侶の苦悩を軸に、曹洞宗の『典座教訓』の教えを通して、現代日本における仏教の意義を紐解いていく。
独特の映画制作スタイルをもつ映像制作集団 空族。『サウダーヂ』(11)、『バンコクナイツ』(16)に続く最新作は、仏教とそれを取り巻く3.11以後の日本のすがた。全国曹洞宗青年会とタッグを組み、第72回カンヌ国際映画祭の批評家週間「特別招待部門」に選出された本作について、富田克也監督と脚本の相澤虎之助氏をお迎えしてお話もうかがいます。作品はすべて未ソフト化の空族作品を体験する貴重な機会、どうぞお見逃しなく!

トーク ゲスト:
富田克也[映画監督]
相澤虎之助[映画監督/脚本家]
Cプログラム詳細

D プログラム:16:30~1,500円
『ジャッリカットゥ 牛の怒り』茨城県内 初上映!

野獣〈牛〉とヒト〈群衆〉の暴走劇が炙り出す人間と社会の本性とは?!

ジャッリカットゥ

2019年/インド(マラヤーラム語)/ 91分/原題:Jallikattu
監督:リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ
出演:チェンバン・ヴィノード・ジョーズ アントニ・ヴァルギース サーブモーン・アブドゥサマド シャーンティ・バーラクリシュナン

インド映画の枠を超え、驚くべき視覚的トリックと奇想天外のアイディアで、カルト的人気を誇るリジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ監督の話題作が水戸映画祭に!
南インド・ケーララ州のジャングルにある村で、いつもどおり肉屋のヴァルキとアントニは、水牛を屠(ほふ)ろうとするが脱走させてしまう。人々が追いすがるも、水牛は村を破壊しながら逃げ回る。
アントニは、ヴァルキの妹ソフィの気を惹こうと奮闘するが、農場主、神父、警察官、隣村のならず者らも巻き込み、村はパニックに陥る。そこに密売の罪で村を追放されたクッタッチャンが呼び戻される。彼は、かつてソフィを取り合い、自分を密告したアントニを恨んでいた。
そして牛追いの群衆は制御不能となっていく……。

アカデミー賞®国際映画賞インド代表作品
インド国家映画賞 銀のハス賞(撮影賞)
ゴア・インド国際映画祭 銀の孔雀賞(最優秀監督賞)
トロント国際映画祭正式出品作品
ケーララ国際映画祭観客賞
ケーララ州映画賞最優秀監督賞
ケーララ州批評家賞最優秀作品賞
アウランガーバード映画祭最優秀録音賞

トーク ゲスト:
安宅直子[フリー編集者]
軽刈田凡平[インド音楽ブロガー]
Dプログラム詳細

2021年09月04日 | Posted in 第36回水戸映画祭[2021] | | Comments Closed 

関連記事