2021年10月9日(土)


日本映画が好き 2021 35mmフィルム上映 2021年度優秀映画鑑賞推進事業国立映画アーカイブ

世界の映画史に大書される巨匠の小津安二郎監督が親と子の関係を静かに見つめた、戦後の代表作を上映

10:15~『彼岸花ひがんばな』〜小津作品初のカラー映画〜 料金:500円

Dancing Films

1958年/カラー/スタンダード/118分
監督・脚本:小津安二郎
出演:佐分利信 田中絹代 有馬稲子 桑野みゆき 久我美子 笠智衆 ほか

娘が勝手に決めてきた結婚相手に腹を立てる頑固な父親の姿をユーモラスに描く、小津安二郎監督初めてのカラー作品。小津監督の言によれば、父がなじみにしている京都の旅館の娘役として大映から招いた看板女優、山本富士子を活かした明るい映画にしたいという会社の方針もあって、色彩映画に手をつけたそうである。 小道具や着物ひとつひとつに気を配り、赤が映えるアグファ・カラーをネガフィルムに用いて、色をはぶき、色があって色がないような、つまりは「色即是空、空即是色」の心持ちで撮影に臨んだと語っている。ドラマチックな展開を極力排除し、さりげない会話のやりとりの中に人間のエゴを垣間みせるこの監督特有の手法が、あでやかな色彩とともに、見るものの心に染み込んでくる。母娘を演じた浪花千栄子と山本富士子による京都弁の掛け合いもまた愉しい。里見弴は小津監督の 敬愛する小説家で、原作は小津監督の映画化を予定して書き下ろされたものである。「キネマ旬報」ベストテン第3位。

主催:水戸市優秀映画鑑賞推進事業実行委員会/公益財団法人 水戸市芸術振興財団/国立映画アーカイブ
特別協力:文化庁/(社)日本映画製作者連盟/全国興行生活衛生同業組合連合会

日本映画が好き2021の詳細

A プログラム:13:30~1,500円
『あのこは貴族』

同じ空の下、私たちは違う階層セカイを生きている──。

あのこは貴族

2021年/日本/124分
監督・脚本:岨手由貴子
出演:門脇麦 水原希子 高良健吾 石橋静河 山下リオ ほか

東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成長し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。20代後半になり、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが…。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味 を見いだせずにいた。幸一郎と大学の同期生であったことで、同じ東京で暮らしながら、別世界に生きる華子と出会うことになる。2人の人生が交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく―。 都会の異なる環境を生きる2人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描くシスターフッドムービーの新境地とも言え る作品が誕生した。監督は初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。20代後半から30代にかけて息苦しさを抱える女性たちが、軽やかに変化していく姿を、最後の青春譚として静かに紡いでゆく。 公開以来じわじわとロングラン上映を続けた話題の本作がいよいよ水戸映画祭にも登場です! 今回は、第8回水戸短編映像祭コンペ ティション部門入選監督でもある岨手監督をお招きしてたっぷりとお話をうかがいます。

トーク ゲスト:
岨手由貴子[映画監督]
鈴木涼美[文筆家]
杉山ひこひこ[俳優]
Aプログラム詳細

B プログラム:17:15~1,500円
吉開菜央よしがいなお特集:Dancing Films』水戸映画祭特別編

身体のすみずみの感覚に、目を向け、耳をそばたてれば
身体の内側も外側も踊りに満ちている

Dancing Films

❶『風にのるはなし』2018年/日本/9分
出演:前田エマ
❷『梨君たまこと牙のゆくえ』 2018年/日本/30分
出演: 後藤ゆう 木村舞輝 哲夫(笑い飯) レイザーラモンRG 歩りえこ 加藤アプリ
❸『ほったまるびより』 2015年/日本/37分
出演:柴田聡子 織田梨沙 小暮香帆 菅彩夏 後藤ゆう 矢吹唯
第19回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞
❹『Grand Bouquet 』 2019年/日本/15分
出演:Hanna chan
第72回カンヌ国際映画祭 監督週間短編部門正式招待

第72回カンヌ国際映画祭 監督週間に正式招待され話題を集めた『Grand Bouquet』をはじめ、映画作家・吉開菜央の中・短編集「Dancing Films」より、水戸映画祭特別編として4本をセレクトし上映します。 吉開は、米津玄師MV『Lemon』で出演・振付を担当するなど振付家/ダンサーとして活躍しつつ、映画/映像作品を積極的に発表してきました。実験的でありながらエンターテイメント性に満ち、視覚・聴覚だけでなく触覚的で嗅覚的表現を探究し、身体表現の軽やかさに満ちた表層とダークでファンタジックな深層が混交してゆく、比類なきアーティスト吉開菜央の世界を、是非大きなスクリーンとこだわりの音響で体感ください!

トーク ゲスト:
吉開菜央[映画作家、ダンサー、振付家]
住吉智恵[アートプロデューサー、ライター]
Bプログラム詳細


2021年09月04日 | Posted in 第36回水戸映画祭[2021] | | Comments Closed 

関連記事