第20回 水戸短編映像祭プログラム概要


開催日程:2016年10月7日(金)~ 10日(月・祝)
(第31回水戸映画祭・日本映画が好き2016 同時開催)
開催会場:水戸芸術館 ACM劇場 Google Map

DateBtn-day1DateBtn-day2DateBtn-day3DateBtn-day4

水戸短編映像祭は、短編作品を中心にスポットを当てた映像の祭典。既成の概念にとらわれない新しい映像表現を紹介する「招待上映部門」と未来の映画監督を発掘・育成を目的とする「コンペティション部門」を柱に開催。映像の明日と新しい才能と出会うため、是非お越しください!

2016年10月7日(金)日本映画が好き2016
平成28年度優秀映画鑑賞推進事業

nihoneiga2016-2

世界的巨匠 黒澤明の名作を貴重なフィルム上映で!

10:30~『酔いどれ天使』
500円

1948年/東宝/白黒/スタンダード/98分 監督:黒澤明 出演:志村喬/三船敏郎/山本礼三郎/小暮実千代/殿山泰司/久我美子 他

13:10~『羅生門』(デジタル復元版)
500円

1950年/大映(京都)/白黒/スタンダード/88分 監督:黒澤明 原作:芥川龍之介 出演:三船敏郎/京マチ子/志村喬/森雅之/千秋実/加東大介 他

■デジタル復元について
原版が失われている黒澤明監督の『羅生門』(1950年)は、現存する最良のプリントを基にデジタル復元を行うことで、画面の傷やフォーカスのぼけを修復し、公開当時により近いプリントを作製することができました。日本と米国の共同事業として行われた『羅生門』の復元作業は、2009年度の全米映画批評家協会賞の映画遺産賞を受賞しました。

主催:水戸市/水戸市教育委員会/公益財団法人 水戸市芸術振興財団/NPO法人シネマパンチ/文化庁/東京国立近代美術館フィルムセンター
協賛:松竹ブロードキャスティング株式会社
協力:株式会社オーエムシー

2016年10月8日(土)招待上映部門

programA

2016年10月8日(土)12:30~『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』
1,500円

2016年/日本/96分 監督:冨永昌敬 出演:赤塚不二夫ほか 主題曲:タモリ「ラーガ・バガヴァット」 音楽:U-zhaan、蓮沼執太 ナレーション:青葉市子

笑ってくれれば死んでもいい!! 世界の全ての聖なるバカに捧ぐ

programB

2016年10月8日(土)15:00~『ディストラクション・ベイビーズ』
1,500円

2016年/日本/108分 監督:真利子哲也 音楽:向井秀徳 出演:柳楽優弥/菅田将暉/小松菜奈/村上虹郎 他

「まだ行けるやろ……」ほとばしる剥き出しの魂
ひとりの少年の純粋な狂気にのみこまれる、挑戦的な衝撃作!

programC

2016年10月8日(土)17:40~『FAKE』
1,500円

2016年/日本/109分 監督・脚本:森達也 出演:佐村河内守 他

Fake: 偽造する。見せかける。いんちき。虚報。
誰にも言わないでください、衝撃のラスト12分間!

2016年10月9日(日)招待上映部門

programD

2016年10月9日(日)11:50~『ふきげんな過去』
1,500円

2016年/日本/120分 監督・脚本:前田司郎 出演:小泉今日子/二階堂ふみ/高良健吾/黒川芽衣/山田望叶/板尾創路 他

可笑しくも切ない、愛と孤独と成長の「ひと夏」の物語。

programE

2016年10月9日(日)14:35~『地球に落ちて来た男』
1,500円

1976年/イギリス/139分 監督:ニコラス・ローグ 出演:デヴィッド・ボウイ/リップ・トーン/キャンディ・クラーク 他

今はもうないあの場所へ
いつの日かわたしはきっと帰るだろう
地球に降り立った美しき宇宙人、デヴィッド・ボウイ。
待望の初主演作をふたたびスクリーンで!

programF

2016年10月9日(日)17:50~『ミエルヒ』・『水曜どうでしょう』
2,000円

『ミエルヒ』:2009年/日本/70分 脚本:青木豪 出演:安田顕/泉谷しげる
『水曜どうでしょう』:1996年/日本 ディレクター:藤村忠寿/嬉野雅道 出演:鈴井貴之/大泉洋

昨年に引き続きD陣襲来!
HTB制作スペシャルドラマ『ミエルヒ』・『水曜どうでしょう』名場面ダイジェスト!!

2016年10月10日(月・祝)コンペティション部門 1,500円

samnail-20th-competition2若手映像作家、映画監督の発掘、育成を目的に上映時間50分以内の短編作品を対象としたコンペティションです。その審査力の高さにも定評があり、過去の入選者達は数多く映画界で活躍中です。

本年度は全国から192本の応募があり、その中の9本をノミネート上映。当日会場にて最終審査結果発表、各賞を決定します。

12:00~ オープニング
※毎年、前年度グランプリ受賞監督が水戸短編映像祭のオープニング映像を上映

12:10~ プログラム
『みんなでいこう』38分/小池 茅
『瓜二つ』14分/山川 智輝
『N.O.A.』15分/下向 拓生

13:45~ プログラム
『食卓』47分/小松 孝
『だった人』13分/藤木 裕介
『IS THIS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE?』17分/高畑 鍬名・滝野 弘仁

15:30~ プログラム
『人間ていいな』17分/日原 進太郎
『生の感触』30分/渡邊 健悟
『あなたが響く』25分/たかはし そうた

17:10~ 招待上映
『ピンパン』15分/田中 羊一(第11回グランプリ)
『はなくじらちち』30分/堀江 貴大(第18回ノミネート)
「ndjc: 若手映画作家育成プロジェクト2015」製作実地研修完成作品

審査結果発表・審査員講評

<審査員>
 三木 聡 映画監督『俺俺』『インスタント沼』
 木滝 和幸 映画プロデューサー『ローリング』『月光』
 大寺 眞輔 映画評論家 INDIE TOKYO主催
 伊藤 和宏 プロデューサー
 櫻井琢郎 水戸芸術館 演劇部門主任学芸員

19:30~ クロージング・パーティ
入場無料 会場:水戸芸術館会議場

※コンペティション部門チケット半券でどなたでも入場いただけます。

past-awrded-director

森義隆:『宇宙兄弟』(2012)/『聖の青春』(2016)
深川栄洋:『白夜行』(2011)/『洋菓子店コアンドル』(2011年)/『神様のカルテ』(2011)/『ガール』(2012)/『くじけないで』(2013)/『神様のカルテ2』(2014)/『トワイライト ささらさや(2014)/『先生と迷い猫』(2015年)
門井肇:『休暇』(2008)/『ナイトピープル』(2013)
本田隆一:『GSワンダーランド』(2008)/『市民ポリス69』(2011)/『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(2011)
冨永昌敬:『パビリオン山椒魚』(2006)/『パンドラの匣』(2009)/『乱暴と待機』(2010)/『ローリング』(2015)/『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(2016)
小泉徳宏:『タイヨウのうた』(2006)/『ガチ☆ボーイ』(2008)/『FLOWERS -フラワーズ-』(2010)/『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013)/『ちはやふる 上の句』『ちはやふる 下の句』(2016)
沖田修一:『南極料理人』(2009)/『キツツキと雨』(2012)『横道世之介』(2013)/『滝を見にいく』(2014年)/『モヒカン故郷に帰る』(2016年)
前田弘二:『婚前特急』(2011)/『わたしのハワイの歩きかた』(2014)/『夫婦フーフー日記(2015)』/『セーラー服と機関銃 -卒業-』(2016)
今泉力哉:『たまの映画』(2010)『こっぴどい猫』(2012)/『サッドティー』(2013)/『鬼灯さん家のアネキ』(2014)/『知らない、ふたり』(2016年)
大森研一:『瀬戸内海賊物語』(2014)/『ポプラの秋』(2015)/『海すずめ』(2016)
中野量太:『チチを撮りに』(2013)/『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年10月29日公開予定)

お問い合わせ

すべてのプログラムについて

NPO法人 シネマパンチ
電話:029-253-5783

水戸芸術館
電話:029-227-8111(9:30 ~ 18:00)

主催:NPO法人シネマパンチ、公益財団法人水戸市芸術振興財団、水戸映画祭実行委員会
特別協賛:一般社団法人いばらき社会起業家協議会
後援:茨城県、水戸市、水戸市教育委員会、一般社団法人水戸観光協会
助成:文化庁芸術文化振興基金|
協力:ホテル水戸シルバーイン、茨城映画センター、LOADSHOW|
企画協力:310+1シネマプロジェクト


2016年08月01日 | Posted in 第20回水戸短編映像祭[2016] | | Comments Closed 

関連記事