Program E『地球に落ちて来た男』


programE1

 2016年10月9日(日)14:35~ 1,500円

『地球に落ちて来た男』第31回水戸映画祭企画

program-F

1976年/イギリス/139分 監督:ニコラス・ローグ 出演:デヴィッド・ボウイ/リップ・トーン/キャンディ・クラーク 他

今はもうないあの場所へ
いつの日かわたしはきっと帰るだろう
地球に降り立った美しき宇宙人、デヴィッド・ボウイ。
待望の初主演作をふたたびスクリーンで!

2016年1月10日、この世を去ったデヴィッド・ボウイ。その2日前に69歳の誕生日を迎え、2年ぶりのアルバム「★(ブラックスター)」を発表したばかりだった。「ジギー・スターダスト」という架空のロックスターを演じ世界的スターとなっていたボウイは、ミック・ジャガーを起用した『パフォーマンス』(’70)、『WALK ABOUT美しき冒険旅行』(’71)で鮮烈なデビューを果たした監督ニコラス・ローグに請われ、異星人トーマス・ジェローム・ニュートンを演じた。その物語やイメージは後のベルリン三部作などボウイの音楽活動に多大なインスピレーションを与えたばかりでなく、その記憶の遺伝子は現代のさまざまな芸術にも受け継がれている。

INTRODUCTION:
ある日宇宙船が地球に落下する。砂漠に降り立った宇宙人は、あまりに美しい容姿を持っていた。その後、弁護士のもとを訪れた彼は、人智を超えた9つの特許を元に、弁護士とともに巨大企業を作り上げていく。一体彼は何をしようとしているのか? 果たして彼は、故郷の星に戻ることができるのか……。

program-F-1
program-F-2

ゲスト

樋口泰人
樋口泰人

松井宏
松井宏


2016年08月19日 | Posted in 第20回水戸短編映像祭[2016] | | No Comments » 

関連記事